いっちゃんのラジオやってます(Anchor.fm)

【教養も大事】女性は化粧で自信を持ち内面も磨くべきである理由

女性は化粧で自信を持つべき

今日は女性もメイクをして自信を持つべきだというコンテンツを書いて行きます。

 

こんにちは。

いっちゃんです。@hi_icchan_jp)

 

女性が他人の為に毎日メイクをするのは義務だと言われるのには違和感を感じます。

 

とっておきの日、大切な日だけ自分の為にメイクをする事はとても良い事だと思いますけどね。

 

では以下に記事を書いていきますね!

 

女性も化粧で自信をつけるべきなのは

外見が良いと性格も良く人間的に優れているように思われるからです。

 

外見が良いと得をする。

 

photo credit: Paul SaadCity Skylines viaphotopin (license)

 

魅力的なメイクをしていると男性からの好感度が上がります。

 

化粧は相手からの評価も変えてしまいます。

 

実はメイクをすることによって自信を持つことができるのです。

 

女性は自分でも気づいていませんが、発言も積極的になる可能性もあります。

 

スッピンの時とメイクをする時の違い

素顔の時は鎧をかぶらない自分であり、メイクをしている時は外見に自信が出て戦闘モードになれます。

 

スッピンの時とメイクをする時の違いphoto credit: Paul Saad Smile via photopin (license)

 

メイクは女性に自信を付けてくれます。

 

なぜなら、いっちゃんはメイクをすると、自尊心が高まり、気が引き締まるからです。

 

ただし、いっちゃんは普段リラックスしている時はスッピンです。

 

いっちゃんは、メイクは自信を付けてくれますが、肌が荒れるので、必要な時しかしないのです。

 

これは昔、いっちゃんが外国に滞在したことによる影響が強いですね。

 

みなさんもご存知のとおり日本も韓国も男尊女卑ですね。

 

基本的にメイクは女性の義務だと言われてきました。

 

中国も女性の進出が進んでるらしいですが、中国人に聞くと今も男尊女卑らしいのです。

 

一人っ子政策だったときは男の子が好まれたため、昔は女児殺しもあったそうです。

 

また、まだ開発途上のインドでも生まれた女児はお金がかかるため、殺す人が多いそうなのです。

 

上記の事から分かる通り欧米のように女性がいまだに人権を勝ち取れていない地域はまだ多いのです。

 

日本の女性は差別されています。

 

そして、先進国の中で日本は女性の社会的地位が低い国なのです

女性のメイクは義務だと言われていますが、いっちゃんは、オンオフの時を自分で決めています。

 

なぜなら、いっちゃんは自分の肌の美しさを保つために自分で化粧をする時を決めているのです。

 

だから、できるだけ素顔で過ごし、特別な時だけ薄化粧をしています。

 

海外の人は

女性のメイクの有無を気にしていません。

 

なぜなら、メイクをするもしないも自分で決めるものだからです。

 

だから、本当はメイクをしたいときにして、必要ないと思えばしなければいいのです。

 

このように、いっちゃんは台湾、アメリカ西海岸では誰も他人の服装、メイクを気にしないという事を知りました。

 

したがって、必要な時のみ着飾るという事を学びました。

 

メイクをする時は自分で決める。

photo credit: Paul SaadSunset Photo shoot viaphotopin (license)

 

いっちゃんは台湾に1年滞在していました。

 

いっちゃんは必死で中国語をマスターしたかったので死ぬ気で学びました。

 

台湾でいっちゃんが気が付いたのは誰も服装を気にしないということ。

 

台湾では誰も化粧の有無、服装を気にしていないのです。

 

もちろん、国の経済状況も関係すると思うのですが、誰にも見られないので開放的でしった。

 

だから、台湾やアメリカの西海岸では常に誰かから見られるというプレッシャーは無く、気楽に過ごせたのです。

 

本来、服装と言うのは個人の自由なのです。

 

だから、いっちゃんは台湾で誰かに会うときはきちんとメイクしていました。

 

また、アメリカ西海岸に3カ月滞在した時も、人がいないので、誰もにも見られなかった事は驚きでした。

 

シリコンバレーに滞在すると、多くの人が実感する事とは?
【AI技術の最先端】の『シリコンバレー』は機械化都市ではなく、壮大な田舎である事実

 

一番驚いたのが、アメリカの西海岸で70代~80代の女性ビキニと短パン姿ランニングしてたことです。

 

おそらく白人の女性は日焼けしたいのでしょう。

 

アメリカの西海岸ではそれくらい自由なのです。

 

もちろん、誰も見てないというのも大きいとは思いますが。

 

ただし、ニューヨークとかでは多少事情が違うかもしれないことを付け加えておきます。

 

シリコンバレーに滞在すると、多くの人が実感する事とは?
【AI技術の最先端】の『シリコンバレー』は機械化都市ではなく、壮大な田舎である事実

 

いっちゃんは台湾、アメリカで、顔を常に綺麗にしなくても自分の価値は変わらないと知りました。

 

だから、毎日ガチガチのメイクをするという義務感からは卒業できたのです。

ところが、日本に帰ってくるとまたいつも誰かに監視されているような圧迫感があります。

 

まるで、お互い見張っているかのようで息が詰まるように感じがするのです。。

 

なんだか、戦争時代の空気というか、過剰なほどの同調圧力を感じます。

 

だから、言えるのですが、日本を一歩出てみると、全く違いますよ。

 

海外の人は見られることを過度に意識せず、自由な恰好をしているのです。

 

メイクとは

女性に自信を付けてくれる効果があります。

 

メイクは女性に自信をつけてくれる。

photo credit: Paul Saad Model via photopin (license)

 

メイクをしないのは楽だといっちゃんは書きました。

 

ただ、スッピンの時に誰かと自信を持って話せるか?と聞かれると、自信を持って話せないと答えるでしょう。

 

なぜなら、眉毛を書かず、血色の悪い肌で人と話すのは億劫だからです。

 

コンビニとかでジャージで買い物をしている際に知り合いに遭遇すると、見つからないように逃げてしまいますから。

ところが、きちんと身なりを整えて、服装もきちんとすると、どこから誰に見られても自信満々でいられます。

 

また、プロのメイクを受けると、もっと自信がつくようです。

 

それは、下記の本を読んで知ったのです。

 

ほとんどの人が専門家のメイクを受けた後、無意識に話し相手に接近するという積極的な態度にでていたのです『心理学がイッキに分わかる本』 渋谷昌三 西東社 2011年

 

いっちゃんは、なるほどその通りだな、と納得させられました。

 

女性は誰しもが化粧などで綺麗になりたいと、変身願望を持っているのです。

 

心理的に綺麗になれたと思うことで、自分の行動にも積極的になれるものです。

 

メイクは自分のに自信を持たせてくれるものなのです。

 

プロテウス効果とは

自分が違うキャラクターだったなら振る舞いや行いがその外見に伴った行動になるというのです。

 

プロテウス効果とは

photo credit: spbda 27 сентября 2014, Всенощное накануне Недели 16-я по Пятидесятнице, по Воздвижении / 27 September 2014, Vigil on the eve of the 16th Sunday after Pentecost, Afterfeast of the Exaltation of the Cross via photopin (license)

 

メイクで積極的になれるのと似たような言葉にプロテウス効果というものがあります。

 

【皆がやってる】SNSでポジティブになるプロテウス効果とは
『プロテウス効果』とは、バーチャルな世界を通して現実とは異なる自分を演じる事を言います。

 

 

たとえば、実在はしないですが、神様になったのなら、今までのように人に気軽に挨拶するでしょうか?

 

【皆がやってる】SNSでポジティブになるプロテウス効果とは
『プロテウス効果』とは、バーチャルな世界を通して現実とは異なる自分を演じる事を言います。

 

サービス業をするでしょうか?もしくは、他人にお願い事をするでしょうか?

 

 

しないですよね。なので、外見もその人の行動に影響を与えているという訳なのです。

 

【皆がやってる】SNSでポジティブになるプロテウス効果とは
『プロテウス効果』とは、バーチャルな世界を通して現実とは異なる自分を演じる事を言います。

 

メイクには美しくなった自分を演出するプロテウス効果があるのです。

 

好きな男性のタイプ

いっちゃんの好きな男性は筋肉の付いたリーダータイプの人です。

 

昔、好きなタイプは無いと公言していました。

 

ところが、よくよく考えてみると、ガタイが良くて人をまとめられる人に惹かれていました。

 

好きな人のタイプが無いと言っていたのは、自分に自信が無かったのでしょう。

 

だから、本当に思った通りの好みを言えなかったのかもしれません。

 

好きな男性のタイプphoto credit: alobos life sunday’s sport via photopin (license)

 

今だから言えるのですが、服装、体系は関係ないは全く持って嘘でした。

 

ところが、太っている人も嫌いだと思っていたんですけど太っている人とも付き合ったので太ってるから嫌という事ではありませんでした。

 

太ってる人はリーダー気質で筋肉もあり、頭が良かったのです。

 

そして、コミュニケーション力が高かったのです。

 

メンバーをうまくまとめ、サークル運営してる姿に、憧れから好きになっていました。

なので、外見というよりは生きる力の強い男性に惹かれるのは女性の本能なんでしょうね。

 

 

最初はだれでも第一印象からタイプかどうかはんだんします。

 

その次にその人の社会性、能力など長期的に関わることで、外見だけの評価が内面への評価に変わってくるのです。

 

けれど、最初の入り口はやはり外見になってしまいますよね。

 

これはどうしようもない事実です。

 

いっちゃんは、リーダータイプでがっしりとした、聡明な男性が好きなのです。

 

メイクをして女性も稼ぐ新時代

女性も外で稼ぐのが当たり前の時代がやって来ました。

 

今はコロナ渦で、仕事をしてない人はあり得ないと言うような価値観です。

 

女性は子を産み,家事をする道具という古い時代は過ぎ去り、メイクをして、外や、リモートワークで働く時代になりました。

 

女性も外で働くのが当たり前。photo credit: wocintechchat.com Women In Tech – 85 via photopin (license)

 

AIによるデジタル化が進み、女性も外見だけが良ければよいと言われていた時代はもう通り過ぎようとしています。

 

景気の悪化、仕事のオートメーション化に伴い、世の中が仕事の無くなる恐怖で、稼いでいない人はなかなか伴侶ができません。

 

女性活躍、女性も働けと言われ続けるようになり、基本的に稼げない人は男女共に、パートナーを得る事が難しくなっているのではないでしょうか。

 

10代20代前半の期間現限定の若さ溢れる女性はその限りではないかもしれません。

 

ただし、その短い黄金の期間中だけです。

 

投資家や富裕層の男性は女性の若さは目減りする資産だと公言しているのを知っていますか。

 

世界の富裕層たちは女性をシェアするけれど、自分の資産を増やす能力やメリットのない女性とは結婚しないと言います

富裕層の言葉通りだとすると、裕福になりたければ女性もメイクをして仕事するべきなのです。

 

収入を上げなくては良い結婚もできない可能性が高いということです。

 

メイクは誰のためにするの?

いっちゃんはメイクは自分の為にすると考えています。

メイクをするのは自分の為である。photo credit: DDG XIE XT30-DSCF8583-p-s via photopin (license)

 

なぜなら、メイクをする事で戦闘モードに切り替える事が出来るからです。

 

スッピンは楽だと主張していますが、イベントのある時だけ綺麗にメイクして着かざる事に関して手抜きだとは思いません

 

他人のためにメイクをするのではなく、自分のためにするのだとおもっています。

 

なぜなら、メイクは自分に自信をつけ、積極的になれる魔法だといっちゃんは考えているのです。

 

それは、他人の目線ばかりを気にする他者目線をやめて、自分主体で考えるようにするという事でもあります。

 

だから、外出するときはメイクをしなければいけないという観念からは解放されました。

 

TPOをわきまえて服装やメイクをすれば、より良いQOL(Quality of Life)を過ごすことができます。

 

ようは、メイクは赤の他人の為にするのではなく、自分に自信をつけるためににするという事です。

タイトルとURLをコピーしました