【動画あり】中国語コンテンツについて

台湾で中国語を学びつつ実感したこと【音声あり】

taiwan life
中国語

台湾で中国語を学び実感したことについて

Zài táiwān shēnghuó zhōngxué dào de shìqíng

「在台湾生活中,学到的事情」

→台湾での生活から学んだ事

こんにちは。
いっちゃんです。(@hi_icchan_jp)

 「台湾生活での学び」について

 「自分で考えて行動する事

 いっちゃん流「台湾滞在経験

中国語を使う台湾での生活について

結論:台湾での生活は自分で考えて行動する事の繰り返しでした。

なぜなら、受け身では中国語が何も身につかないからです。

たとえば、私は言語交換友達を10人作り、毎日中国語を話したから、今話せるのです。

台湾に行った動機は、挫折経験から心機一転、リベンジの為でした。

台湾での私は、全て自分の意志で行動し、中国語を話せるようになったのです。

3か月目までは中国語が話せなかったこと

結論:最初の3ケ月間は中国語が分からず話せませんでした。

中国語 ~最初は分かりませんでした~

Yī kāishǐ wánquán tīng bù dǒng zhōngwén

一开始我完全听不懂中文

→最初は中国語が全く聞いて分かりませんでした。

たとえば、赤ちゃんが3か月で中国語を話せないのと同じです。

だから、私は中国語のアウトプットに集中して、話せるようになりました。

大人に語学は無理とされてますが、出来ない人、最後はペラペラになる人どちらもいるのです。

あなたは、中国語を話せる人、話せない人どちらになりたいですか?

中国語の習得にはインプットとアウトプットの両方が必要なのです。

台湾は外食文化が発達している

結論:台湾は歴史上、中国から料理人が移住したので外食文化が発達しています。

たとえば、朝、晩には美味しい屋台が出てきます。

日本では、毎回外食の習慣はありませんが、アジア圏では外食の方が安いのです。

いかがでしょうか?

中国語が分からず、絵に書いて説明したこと

結論:中国語が分からない時、絵と身振り手振りで伝えました。

なぜなら、私はその時スマホが無く、他に方法が無かったのです。

要するに、言葉は道具と考えて意思疎通ができれば良いのです!

日本の人は出来ない事を恐れますが、中国語も実際、何とかなるんです。

あなたが中国語で困ったら身振り手振りで意思表示をしてみましょう!!

中国語を話す外国人である疎外感について

結論:自分が外国人と呼ばれ、疎外感を感じました。

なぜなら私は、日本では自分は身内で、外国人の気持ちを知らなかったからです。

たとえば、単民族社会で皆と同じな日本では、外国人はよそもの扱いですよね?

中国語が話せても、よそ者として扱われるアウェイ感は経験しないと理解できないです。

だから、中国語を話す事がゴールではなく、いかに異文化に溶け込めるかが重要なのです。

つまり、一番大事なのは中国語より、コミュニケーション力という事です。

マトメ

結論:台湾で中国語を学びつつ実感したことについてのマトメです

台湾で中国語を学びつつ実感したこと①

  • 台湾生活について
  • 3か月目までは中国を話せなかったこと
  • 台湾は外食文化が発達している
  • 言いたいことを絵に書き説明したこと
  • 中国語を話す外国人である疎外感について

いかがでしたでしょうか?

次回もお楽しみに!

>>【知ってますか?】台湾はITに強いってことを

タイトルとURLをコピーしました