コロナウィルス対策をしっかりしよう

【実践編】『いっちゃん』流自分に自信を持てば英会話は話せる

自分に自信を持てば英会話が話せる
自分に自信を持てば英会話は話せる。

自分に自信を持ち自尊心を高めると英会話は簡単に話せます。

 

こんにちは。

いっちゃんです。@hi_icchan_jp

 

多くの日本人が英語を話せないのは、学校で話せないように洗脳されているからです。

 

英語を間違えてはいけない、スペルを間違ってはいけないと教わるのは、話せなくする洗脳です。

 

自分に自信を持ち英語を話すために話しまくる。

 

自分に自信を持ち自尊心を高めると英語を話す<ことは簡単だと気が付きます。

 

 

自分に自信が持てないように自尊心が低く教育されている多くの人は、初めて英語を学んだ時のワクワク感が教育によって消え去り、今では大嫌いになっている人が多いはずです。

 

自分に自信を持ち、自尊心を高めたら英語を話すのは簡単だと発信している私的には学校で教わった外国語は全く使えなかったです。

 

自分に自信が持てないようにされる学校教育で習った英語は、私たちが話せなくするための教育だったと言わざるを得ません。

 

 

なぜなら、自分に自信をもち、自尊心を高くする教育をされている英語ノンネィティブ圏のインド人のように普段から話している人たちは話す力は高いからです。

 

それに、私たちでも日本語を間違って話すこと、ありますよね?知り合いや、家族などに間違いを教えてもらって直していくでしょ?

 

英語も同じです。間違えないと上達しないのです。私たちはノンネィティブなので、はじめから完璧に話せるはずがありません。 このことをよく考えてみて下さい。

 

間違えてはいけないのではなく、間違えて当たり前なのです。

 

自分に自信を持てないように、自尊心を低く教育されて来た日本人は、英文法を学べば学ぶほど話せなくなるのは当然です。

 

Goomies DVD

 

自分に自信を持ち、自尊心を高めたら英会話は簡単にできるようになります。自分に自信を持ち、自尊心を高めて、英語の間違いを恐れずに話してから文法を習えば、より正しい英語を使うことができるでしょう。

 

なぜなら、自分に自信が持てないように自尊心を低くされて習わされた英文法というのは文章を書く為であり、英語を話すためのものではないからです。

 

 

自分に自信を持ち、自尊心を高めたら、英語は簡単に話せると主張する私が【真実】をお話しします。英語の書き言葉と話し言葉は別のスキルなのです。日本語でもそうでしょ??

 

自分に自信が無くなるような自尊心を低くする教育によって私たちは英語は話せないと思わされて来たのです。

 

 

自分に自信を持てる教育をしていない小学校、中学校に入学した時でも、私たちはすでに日本語を話せましたよね?

 

自分に自信を持てるように教育していない学校で習った国語は、普段の話し言葉ではなくて、書き言葉を教わりましたよね?

 

Goomies DVD

 

自分に自信をもち、英語をコミュニケーションの道具だと考えたら分かることですが話し言葉の英語は学校では教えていないのです。

 

自分に自信を持てば、英語の話し言葉は普段のコミュニケーションから学べることが理解できます。

 

自分に自信を持ち英語の話し言葉を学べる環境に身を置く努力をすれば英会話が出来るようになるのです。

 

自分に自信が持てないように自尊心を低くされてきた学校教育で最初に英会話を教えずに英文法を教えてきたのは話せない人を量産するための洗脳なのです。

 

だから、自分に自信を持ち自尊心を高くすれば、英語を間違えても気にしないマインドが身に付き、英会話力が伸びるんです。

 

 

自分に自信を持ち、自尊心を高めて英会話を話すために、英語を話せる環境に身を置く努力をすれば、誰でも驚くほど英語が話せるようになります。

 

 

自分に自信を持ち、英語はコミュニケーションの道具だと考える。

 

自分に自信を持ち、英語はコミュニケーションの道具だと割り切れば、間違えたら恥ずかしいという考えは無くなります。

 

ライブチャットバイト

自宅でも通勤でも高収入が得られるライブチャットの求人【jewelグループ】

 

自分に自信を持ち、英語はコミュニケーションの道具だと分かれば文法を考えないといけないという思考から脱却できるのです。

 

自分に自信を持ち、英語はコミュニケーションの道具だと思えば、これが主語でこれが述語で目的語はここだと考えながら話すことが無駄だと分かるようになります。

幼児英語

Goomies DVD

 

自分に自信を持ち、英語はコミュニケーションの道具だと考えれば、言いたいことが相手に伝わればいいのです。

 

自分に自信を持って普通に話しをしている時、次の文法は何を当てはめるべきかなど、考えませんよね。

 

 

なので、自分に自信を持って英語はコミュニケーションの道具だと分かれば、赤ん坊と同じように、意味が分からなくても真似して、身振り素振りで真似をして身に着けることが出来るようになります。

 

自分に自信を持ち、英語はコミュニケーションの道具だという事を知れば『大人になったら英語ができない』と言われるのは全て嘘でであり、洗脳だという事に気が付きます。

 

資格取得はこちら

スマホとパソコンで資格学習

 

自分に自信を持ち、英語はコミュニケーションだと理解していれば、『ハロー』と挨拶することから初めて、徐々に話せる言葉を増やしていけばいいのです。

 

自分に自信を持ち、英語はコミュニケーションだと考えれば『ハロー』だけでも英語を話すことができると言えますよね。

 

 

自分に自信をもち、英語はコミュニケーションと考え、知ってる単語だけを使いこなし、分からなくても話す態度こそが大事であり、間違いなどは後から直していけば良いのです。

 

自分に自信を持ち、英語をコミュニケーションの道具として使えば、身振り手振り、ジェスチャーで相手の方が言いたいことを推測して答えてくれるものです。

 

乳酸菌ローション

業界初!乳酸菌が4,000億個入った化粧水。乳酸菌ローション

 

自分に自信を持ち英語をコミュニケーションの道具として使えば話すことは簡単なのです。

自分に自信を持ち、英語を話す機会を得るには英語ボランティアをする、英語の教会に行くなど積極的な行動を起こすことが必要です。

 

キャリアアップにはこちら

キャリアアップをするならGraspy

自分に自信を持っても、英会話教室では話せるようにならない。

 

自分に自信を持ち、英会話教室に行った私は英語が話せないので失望して帰って来ました。

 

photo credit: Shane Global Language Centres Upper Intermediate Class via photopin (license)

 

 

なぜなら、自分に自信を持って英会話教室に行っても、先生一人に対して生徒が複数で、お互い下手くそかつ全員が会話レベルが違うためコミュニケーションのストレスが増えるのです。

 

キャリアアップにはこちら

キャリアアップをするならGraspy

 

自分に自信を持ち、英会話教室に行っても生徒は、ド下手か、話し相手の欲しい、帰国子女のレベルが高すぎる人など、会話レベルが同じ人はまずいません。

 

むしろ、自分に自信を持ち英会話教室に行っても相手の会話レベルに合わせたり、ついていく事が難しいほどです。

 

 

自分に自信を持ち、英会話教室に行っても、他人の生活スタイルを聞くことはストレスになります。

 

自分に自信を持ち英会話教室に行っても、先生を独占する英語がペラペラの人がいたりしますので、会話力を高める機会が廻って来ないのです。

 

アミューズメントを学ぶならこちら

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

 

自分に自信を持ち英会話教室に行っても一人しかいない英語ネイティブの先生の取り合いになり、いつまでたっても上達しないでしょう。

 

そこで、自分に自信を持ち、自尊心を高めて英会話力つけるために筆者はボランティアのインバウンドガイドを始めました。

 

プログラミングを学ぶならこちら

 

自分に自信を持ち英会話力を高める為に私はインバウンドガイドや、英語の教会で実践の機会を積み英語力を身に着けました。

 

自分に自信を持ち、外国人と関わってアウトプットを繰り返す

 

自分に自信を持ち、英語をアウトプットするために私はインバウンドガイドを始めたり、毎週英語の教会に行き、外国人と接点を持つようにしました。

 

 

 

自分に自信を持ち、英語で始めたインバウンドガイドは、ぶっつけ本番で話すしかない環境に自分を置きました。

 

自分に自信を持ち、インバウンドガイドを始めたので、最初は観光地を英語で調べてメモ帳を作り、話すネタを大量に書き、棒読みすることから始めました。

 

自分に自信を持ち、英語のインバウンドを始めて分かったことですが、メモ書きの棒読みでも相手に通じる事でした。

 

自分に自信を持ち、英語のインバウンドガイドをしてみると、簡単な会話は何とかなりましたし、沈黙が無いように事前にネタを調べておくことでぽキャブラリーが増えました。

 

 

また、自分に自信を持ち、英語のインバウンドを始める前に英会話学校の日本人の先生に私の会話は前置詞が無いから分かりずらいと指摘されたので、一から絵本で英語の前置詞を学べる教材を買って例文を作り、理解しました。

 

 

自分に自信を持ち、英語のインバウンドガイドを始めてから6回位同じ場所をガイドしたら、もう全て話す事を暗記してしまいました。

 

自分に自信を持ち、メモ帳に書いた英語の説明を繰り返し話し続けたので、頭の中にインプットされると同時にアウトプットもできたみたいです。

 

資格取得はこちら

スマホとパソコンで資格学習

 

自分に自信を持ち、英語を話しても、リスニングがダメで聞き取れない人はご自身の発音が悪いからです。

 

自分に自信を持ち、英語を話すために、発音練習に挑戦しない人は、いつになってもリスニングが伸びません。

 

 

自分に自信を持ち、英語を話すために発音練習を始めた当初、私にはネィティブに近い発音は無理だと思いました。

 

なぜなら、自分に自信を持ち、英語の発音を真似しても上手に発音できなかったからです。

 

 

そこで、自分に自信を持ち、英語を話すために発音を重点に置き、本を買い、腹式呼吸の息を吐きながら発音する有気音を一か月くらい練習し続けました。

 

自分に自信を持ち、英語を話すための努力をしたら、難しい有気音の発音やリズム感などが突然出来るようになりました。

 

 

自信を持ち、英語を話すために発音練習を始めた当初は自分でも音が似てないのが分かるくらい日本語訛りが取れませんでした。

 

また、自分に自信を持ち、英語を話すために、発音練習をいくら頑張っても同じ音にはならず、『日本人の私には無理だ』とさえ思いました。

 

初回シェーカー付き3,450円送料無料【ボタニカルライフプロテイン】

 

しかし、自分に自信を持ち、英語を話すために根気よく、下記の様な単語のTの有気音のアクセントを徹底的に練習するのと,anticipate, terminal, twitter、などを含む単語のシャドウィングを続けながら、レコーダーに録音して自分の弱い点を克服しました。

 

自分に自信を持ち、英語を話し続けるとTの有気音のアクセントにが得意になり、英会話独特のリズムに合わせる訓練を重ねると、それらしく聞こえてくるようになりました。

 

キャリアアップにはこちら

キャリアアップをするならGraspy

 

自分に自信を持ち、英語を話し続けるアウトプットを続けると自然に話せるように定着するのです。

 

自分に自信を持ち、英語の番組を見てインプットを続ける。

 

自分に自信を持ち、英会話を話すために私は毎日Rokuで英語の番組を飽きるほど見続けました。

 

photo credit: classic_film Jets on NYC Street Playground, West Side Story (1961) via photopin (license)

 

 

 

自分に自信を持ち英会話を話すため英語の番組を継続して見ることを習慣化して耳をアメリカの発音に慣らしました。

 

自分に自信を持ち英会話を話すために使ったのは、メディアストリーミングプレーヤのRokuです。

 

(Rokuとは、アメリカの番組を見れる機械です。地域コードの規制で、見れないものもあるのでご自身の判断でご購入下さい。)

 

 

自分に自信を持ち英会話を話すために、Rokuを使ってテックニュースのTWITT(ツイット)Netfrix, Fox news, その他、クッキング動画や子供向けの動画を視聴してました。

 

 

自分に自信を持ち英会話を話すために、Roku(メディアストリーミングプレイヤー)はお勧めです。無料で見れる番組もあるので検討してみてもいいかもです。

自分に自信を持ち失敗を恐れず英語を話し続けたら友達が増えた

 

私は自分に自信を持ち,英語ガイドを自らすることで、欧米の観光客に接し続けたところ、仲良くなり、世界中に友達ができました。

 

photo credit: ER’s Eyes. Terremoto, Barros Restaurant, San Pedro de Atacama at 2,407 m (7,900 ft), the Atacama Desert, Antofagasta, Chile. via photopin (license)

 

自分に自信を持ち英会話を話すために、英語ガイドを始めた私の最初のお客さんはシカゴから来たカップルです。

 

自分に自信を持ち英会話を話すために始めた英語ガイドで、私とお客さんはお互い緊張しているので、話がギクシャクしましたが作って来たメモ書きを読み上げることで、向こうにも通じたので、こんな調子で続けていきました。

 

自分に自信を持ち英会話を話すために始めた英語ガイドでアメリカのゲストをお好み焼に連れて行きましたが、好評ではありませんでした。ステーキの方が良かったのかもしれません。

 

キャリアアップにはこちら

キャリアアップをするならGraspy

 

 

自分に自信を持ち、英会話を話すために始めた英語ガイドの2組目のお客さんはニューヨークから来た家族。

 

自分に自信を持ち、英会話を話すために始めた英語ガイドの2組目のお客さん達は広いアメリカで、サンフランシスコとニューヨークに分かれて住んでる親子でした。 

 

自分に自信を持ち、英会話を話すために始めた英語ガイドで出会った欧米のゲスト達は、現地のお土産をくれたりします。

 

自分に自信を持ち英会話を話すために始めた英語ガイドで欧米のゲストらと交流すると、世界観を広めることができ、知らないことを教わり、『遊びに来て』と言ってもらえます。

 

 

自分に自信を持ち英会話を話すために始めた英語ガイドを通してカナダ人のお医者さん家族からはカナダ名産のメープルシロップを頂いたり、チップまで頂きました。

 

自分に自信を持ち、英会話を話すために始めた英語ガイドで知り合ったお客様の中では、欧米から来たネイティブの人達がスマートで良いお客様でした。

 

 

なぜなら、自分に自信を持ち、英会話を話すために英語ガイドをしてみて分かったことは、>アメリカやカナダから旅行に来る中国系の移民たちは知り合ったばかりの私を信用しないからです。

 

自分に自信を持ち、英会話を話すために英語ガイドをしていると、苦労人の中華系移民たちに遭遇することが多くコミュニケーションに苦労します。

 

 

自分に自信を持ち英会話を話すために始めた英語ガイドで出会う中華系移民は、差別などを受け苦労しているせいか、疑り深く、やり取りに苦労させられます。なおかつ英語が下手で言葉が通じにくいです。

 

キャリアアップにはこちら

キャリアアップをするならGraspy

 

こういったことから、自分に自信を持ち、英会話のためにガイドを始め、知らない国の人とコミュニケーションするには英語+ジェスチャー、コミュニケーション力が必要になります。

 

自分に自信を持ち英会話を話すために英語ガイドをするには、英語+ジェスチャー+コミュニケーションのスキルを駆使して意思疎通を図る必要があります。

 

 

自分に自信を持ち英会話を話すために英語ガイドをしてみると、世界中の知り合いが増え、世界観が広まります。

 

 

自分に自信を持ち、英会話を話すために英語ガイドを始めると、日本人は国土と心が狭くて、ネチネチしていると気が付きます。

 

自分に自信を持ち英会話を話すために失敗を恐れずに話し続けると世界中に友達が増えます。

 

 

自分に自信を持ち英会話を話すためには、失敗して当たり前なので、試行錯誤を重ねながら、世界中に知り合いを作ることは一生の財産になると思います。

 

[ad]
タイトルとURLをコピーしました