いっちゃんのラジオやってます(Anchor.fm)

【実践編】自分に自信を持てば英会話は話せる

英会話の話し方

自分に自信を持つと英会話は簡単に話せます。

 

こんにちは。

いっちゃんです。(@hi_icchan_jp)

 

多くの日本人が英語を話せないのは、学校で話せないように洗脳されているからです。

 

今回は、話せると思い込むことで英語はできるという事を書いていきます。

英会話は話せると考える

自己肯定感が高いと英語は話せます

自分に自信を持ち、自己評価が出来る人は英会話も話せます。

 

なぜなら、多くの人はこれまでの学校教育で英語ができないと思いこまされてきたからです。

 

いっちゃん
いっちゃん

分かるかも。

 

私は中国語も話すので、中国を例に出して説明してみますね。

 

たとえば、中国は、国土が広いので共通の言語に”普通話”といわれる言葉を習います。

 

まず大前提として、中国人だから国語の”普通話”を出来るのは当たり前だと思ってるはずです。

 

また、周りの皆が母語以外に普通話も話せるので、中国人は自分も話せると思っています。

 

だから、普通話が話せるのです。

 

普通話とは、中国人同士の共通語のことです。

 

中国人が使っている共通語が、いわゆる私たちの考えている中国語です。

 

みなさんは、中国人が全員同じ中国語を話すと思ってませんか?

 

答えは全く違います。

 

広大な国土面積を誇る中国では、その地域や民族によって様々な民族の方言が使われています。

 

方言は、意思疎通ができないくらい、外国語並みに違う言葉です。

 

皆さんが聞いたことがある有名な中国の方言は以下です。

  • 北京語
  • 広東語
  • 上海語

 

この3つは外国語並みに違います。

 

他にももっと方言があるんですよ。

 

ただ、私は方言を話せないのでこれ以上説明できないのです。

 

いっちゃん
いっちゃん

知らなかった?

 

そして、いっちゃんは上海語、広東語は全く分かりません。

 

そう、ネィティブの中国人も上海語、広東語を母語にする人以外は分からないのです。

 

これぞ多民族社会ですよね。

 

もし、中国人が普通話を話せなければ、遠くの地域の人は話が通じません。

 

驚くことに、中国の方言は多いのです。

 

だから、方言を話す人たちが、普通話を話してやっと、中国人同士のコミュニケーションができるのです。

 

上述の通り、中国は普通話が話せないと困るので、話せる教育をしているのです。

 

だから、外国語並みに違う言葉でも話せるのです。

 

(注)中国人が普通話を話せるからと言って英語も話せるとは限りませんよ!!

 

あくまで思い込みの力が普通話を話せるようにしているという一例です。

 

だから、私たちも英語は出来るものだと思い込むことです。

 

思いこむことで中国人が共通語を話すように英語も話せるのです。

 

英語を話すためにはこれまでの常識を無視する

私たちの思う常識は権力者にとって都合のいいことが大半です。

 

たとえば、嘘をついていはいけないというのも、既得権益にとってはおいしい話だと思いませんか?

 

だって、嘘をつかないという事は裏切らないということでしょ?

 

つまり、言いなりになってくれることと同じじゃないですか?

 

多くの人の英語力に関しては、権力者にとって都合のいい事を信じさせられてるだけなのです。

 

間違った常識

  • 英語を間違えて話してはいけない。
  • スペルを間違ってはいけない。
  • 発音がおかしいと笑われる。
  • ネィティブの真似をすると馬鹿にされる

 

上記のような事をクラスメイトにバカにされた人は必ずいるでしょう。

 

でも、考えてみて下さい。

 

そもそも、私たちは間違いのない日本語を話しているのでしょうか?

 

敬語を使いこなせてるでしょうか?

 

多くの人は、日本語を正確に使えてませんよね?

 

英語も同じで、伝われば良しとすべきです。

 

最初のハードルを低く設定して、徐々に積み上げれば良いのです。

 

常識を疑うことで新しい事が出来るようになるという事です。

 

英語は地球語だから学ばないのは損である

英語を道具と考えて積極的に学べば世界観が広がります。

 

なぜならITや、AIの進歩でグローバル社会になった今、最低限のコミュニケーションは出来る方が得だからです。

 

自分に自信を持って英語を話す。

 

さきほど、学校で、自分に自信が持てないよう教育されてきたと上述しましたよね。

 

自信が持てないようにされるというのは、挑戦しないように操作されて来たということです。

 

いっちゃんは、足を引っ張る他人の言う事を無視したから、語学が出来るのです。

 

私が実践した事

  • 英語は出来ると考える。
  • 間違えても話す。
  • 恥を捨てる。
  • 日本人の評価は無視。
  • 意味が分からなくても発音を真似る。
  • 言葉が出ないときは絵を書く。
  • ジェスチャーで伝える。
  • コミュニケーション力を磨く

 

上記のように、伝える事に焦点を当てて実践すれば通じました。

 

だから言えるのですが、出来ないように仕向けてくるのは、日本人なのです。

 

同調圧力で出来る人を引きずり下ろす日本人気質に染まってはいけないのです。

 

もし、あなたが英会話をマスターしたいなら上記の事を徹底することです。

 

また、他人の足を引っ張る人は、はじめから実力がありません。

 

よって、足を引っ張る他人の評価は無視すべきですよ。

 

アジア圏のノンネィティブでも英語を話している。

インド人、マレーシア人、フィリピン人、シンガポール人、香港人達は英語を話せます。

 

インドも、マレーシアも、フィリピンも、シンガポールも英語を話すアジア圏の国です。

 

アジア圏で英語を話す国

  • シンガポール
  • インド
  • 香港
  • マレーシア
  • フィリピン

 

そして上記の国はアメリカ、イギリスの植民地支配を受けていました。

 

だから、英語が話せるのです。

 

インドは、国のスローガンを自分に自信を持つ事にしたので、インド人は自信たっぷりです。

 

インド人の自己肯定感が高いのは何故か知ってますか?
インド流の自尊心の高め方ってこうだったのか!目から鱗の教育方針はこちら!

 

訛りが酷かろうが、間違っていようが、インド流の英語を話していますよね。

 

インド流の英語に対して、訛りが酷いという事があっても、英語が下手だとは言いませんよね?

 

だから、最初は下手だろうが、訛りが強かろうが英語を話せばよいのです。

 

最初のハードルを低くすることで、英語が出来るようになるのです。

 

英語も間違えながら上達していくのです。

 

私たちはノンネィティブなので、はじめから英語を完璧に話せるはずがありません。 

 

英語は間違えて当たり前だという事をよく考えてみて下さい。

 

英語ノンネィティブ圏のインド、マレーシア、フィリピン、シンガポールの人の真似をしてみる事です。

 

英語は間違えて当たり前と考える

英語は間違えて当然だとすれば、気楽に話せるようになります。

 

なぜなら、何をするにしてもトライアンドエラーをして上達するものだからです。

 

失敗の数が多ければ多いほど、次に間違わなければ良いのですよね。

 

本当は、失敗すればするほど、英語は上手くなるのです。

 

英語の文法を学ぶと言うのは、意思疎通に問題の無い人が後から習うものです。

 

実は、英文法というのは文章を書く為のルールであり、英語を話すための決まりではありません。

 

すなわち、英語の書き言葉と話し言葉は別のスキルなのです。

 

日本語でもそうでしょ??

 

では、思い出してみて下さい。

 

あなたが小学校で初めて国語を習ったときの事を。

 

皆さんは、もうすでに日本語をペラペラに話していませんでしたか?

 

そう、家で、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟と日本語をスラスラと話していたはずです。

 

だから、ペラペラに日本語が話せている状態で、学校では、書き言葉を習いましたよね。

 

同様に、初めて習う英語も会話を教わるのではなく書き言葉から習ったはずです。

 

学校で習う英語(少なくとも私の時代)

  • 英語の書き言葉
  • 英文法
  • 英語のリーディング

 

ただし、あっという間に時代が変化し、現代は英会話のスピーキングに重点をおいた教育方針に変わりました。

 

でも、今まで話せる教育をして来なかったので、昔の教育を受けた英語の先生は急に英会話を話せません。

 

上記のような話せない先生が、生徒の英会話力を伸ばすことができるんでしょうか?

 

いっちゃんは疑問です。

 

だから、英会話を上達させるには家族のように普段から英語を話す環境を自分で作るべきなのです。

 

そこで、自信を持って、英語のコミュニケーションが出来る所に行くことが肝心です。

 

繰り返しますが自信を持って英語を話す環境に身を置く努力をすれば英会話はできるのです。

 

英語を話すには

  • 自信を持つ。
  • 英語漬けの環境を作り出す。
  • 恥を捨てる。
  • 日本人の評価は無視。
  • 下手でも話す。
  • 発音も真似しまくる。
  • 分からなくても話す。
  • テストの点より話すことを重視する。

 

英語は間違えて当たり前だということ、お分かりいただけましたか?

 

とにかく、ハードルを低くすることで、簡単な英語を話す場を作りましょう。

 

英語はコミュニケーションの道具

英語を話せるだけではあまり評価されません。

 

なぜなら、英語を話せるだけの人にメリットが無くなりつつあるからです。

 

また、いっちゃんは、コミュニケーションの出来ない語学マニアを沢山見て来ました。

 

たとえば、日本人とコミュニケーションが出来ないから英語を学ぶ人がいます。

 

それは、日本人とコミュニケーションが下手だから、外国人となら仲良く出来るかもしれない、と考えるのです。

 

なぜなら、外国人は感情表現がストレートだからです。

 

そう、外国人の人間関係は日本のように陰湿ではありません。

 

しかし、外国人の社会は実力主義でもあります。

 

だから、英語が話せると言うのはスタートラインに立つ必要条件なだけなのです。

 

ある程度英語力がアップすると、英語プラスα何ができるのか?を必ず問われますよ。

 

よって、自分の技能は何なのかもよく考えてみて下さい。

 

さて、英語はコミュニケーションの道具だということを理解していただけたでしょうか?

 

海外の人とコミュニケーションが出来ると楽しいです。

 

ただ海外の人たちとコミュニケーションするためには世界史の勉強も必須になって来ます。

 

というのは、英語力が不十分な時はこちらの意図を推測してもらえるので楽なのです。

 

しかし、言葉が上達するにつれ、自分の意見や世界史をふまえてのコミュニケーションが必須になります。

 

英語をコミュニケーションの道具として、しっかり使いこなしましょう!

 

英会話教室では話せるようにならない

英会話教室で話せるようにならないのは、会話の練習量が足りないからです。

 

なぜなら、英会話教室で話せる人と言うのは先生か帰国子女だけです。

 

英会話教室photo credit: Shane Global Language Centres Upper Intermediate Class via photopin (license)

 

周りは英語が下手くそな日本人ばかりで、いつになっても上達しません。

 

というのは、英会話教室に行っても、、全員が会話レベルが違うのです。

 

だから、英会話レベルが異なる人同士が話せば、余計なストレスが増えます。

 

いっちゃんも実感しましたけど、会話レベルが同じ人はまずいません。

 

英会話教室に行っても一人しかいない英語ネイティブの先生の取り合いになるだけでした。

 

そこで、英会話力つけるために、いっちゃんはボランティアのインバウンドガイドを始めたのです。

 

英語の教会にも行き、アウトプットできる機会を増やして自分のレベルをUPさせました。

 

英会話教室では会話の練習量が圧倒的に足りないという事です。

 

英語を話すために外国人と関わる。

英語を話すためにアウトプットの機会を増やせば、会話力は上がります。

 

つまり、英語をアウトプットするために英語を話せる人と接点を作るのです。

 

英語のガイドで姫路城に行きました。

 

英語のインバウンドガイドを始めた私は、ぶっつけ本番の環境に自分を置きました。

 

自分は出来ると思い、観光地を英語で調べてメモ帳を作ったんです。

 

ほかには、話すネタを大量に書き、棒読みすることから始めたんですよ。

 

英語話すためにやった環境作り

  • 英語の教会に行く。
  • フィリピンオンラインEnglish
  • インバウンドガイドでアウトプット。
  • 音声を聞きながら徹底的な発音練習。
  • 英語のドラマを字幕と字幕無しを何回も覚えるくらい見る。
  • 前置詞を絵を見て学び直した。

 

英語のインバウンドを始めて分かったことですが、メモ書きの棒読みでも相手に通じるという事でした。

 

英語のインバウンドガイドをしてみると、簡単な会話は何とかなりました。

 

それに、沈黙が無いように事前にネタを調べておくことでボキャブラリーが増えたんです。

 

また、私の会話は前置詞が無いと指摘されてたので1から絵本で学び直しました。

 

下記の本は絵から前置詞が学べるのでお勧めですよ。

 

 

さて、英語のインバウンドガイドを始めてた私は、6回位同ガイドしたら、全て話す事をインプットしてしまいました。

 

それから、メモ帳に書いた英語の説明を繰り返し話し続けたのです。

 

推測するに、頭の中にインプットされると同時にアウトプットもできたみたいです。

 

また、リスニングがダメで聞き取れない人はご自身の発音が悪いのです。

 

英語を話すために、発音練習に挑戦しない人は、いつになってもリスニングが伸びません。

 

だから、英語を話すためには発音練習を粘り強く頑張ってみることです。

 

いっちゃんは、英語を話すために発音を重点に置きました。

 

戦略を立てて、腹式呼吸の有気音を1か月くらい練習し続けたのです。。

 

結果は、驚くことに難しい有気音の発音やリズム感などが突然出来るようになったんです。

 

発音練習を始めた当初は自分でも音が違うのが分かるくらい下手だったんです。

 

しかし、英語を話すために根気よくTの有気音のアクセントを徹底的に練習しまくりました。

 

具体的には、anticipate, terminal, twitter、などを含む単語のシャドウィングを続けたのです。

 

もちろんボイスレコーダーに録音もして自分の弱い点も克服しました。

 

堂々と、英語を話し続けるアウトプットを続けると自然に話せるように定着するのです。

 

英語の番組を見てインプットを続けるには

英会話を話すために私は毎日Rokuで英語の番組を飽きるほど見続けました。

英語の番組を見るphoto credit: classic_film Jets on NYC Street Playground, West Side Story (1961) via photopin (license)

 

まずは、英語の番組を継続して見ることを習慣化して耳をアメリカの発音に慣らしました。

 

私が、英会話を話すために使ったのは、メディアストリーミングプレーヤのRokuです。

 

(Rokuとは、アメリカの番組を見れる機械です。見れないものもあるのでご自身の判断でご購入下さい。)上記のRokuを使ってTWITT(ツイット)Netfrix, Fox news, その他、クッキング動画や子供向けの動画を視聴しました。

 

Roku(メディアストリーミングプレイヤー)はお勧めです。

 

無料で見れる番組もあるので検討してみて下さい。

 

英語の番組を見てインプットを続けるのはお勧めです。

 

失敗を恐れず英語を話し続ける。

英語を話すことを恐れずにインバウンドガイドを始めると、海外の人と友達になれます。

 

私は英語ガイドを自らすることで、欧米の観光客に接し続けました。

 

英語ガイドで友達が増えた。photo credit: ER’s Eyes. Terremoto, Barros Restaurant, San Pedro de Atacama at 2,407 m (7,900 ft), the Atacama Desert, Antofagasta, Chile. via photopin (license)

 

欧米の観光客たちはある程度裕福なため自分に余裕があるのです。

 

だから、今の日本人よりもコミュニケーションしやすかったです。

 

また、ガイドを通して観光客と仲良くなりました。

 

人によっては、お土産を頂けましたし、遊びに来て言われたり楽しかったです。

 

だって、世界中に友達ができたんですから嬉しいですよね。

 

英語ガイドを始めた私の最初のお客さんはシカゴから来たカップルです。

 

はじめての英語ガイドで、私とお客さんはお互い緊張で、話がギクシャクしました。

 

でも、作って来たメモ書きを読み上げると、向こうにも通じました。

 

だから、上記のような調子で続けていきました。

 

正直私も最初は不安でした><

 

通じなかったらどうしよう、無言になったらどうしようってね。

 

アメリカのゲストにお好み焼は不評でしたね。

 

間違いなくお肉を提案したほうが良かったです。

 

そして、英語ガイドの2組目のお客さんはニューヨークから来た家族。

 

ニューヨークといっても広いアメリカで、サンフランシスコとニューヨークに分かれて住んでる親子でした。 

 

お母さんは時間を無駄にしないためにいつもショートカットされてて面白かったですよ。

 

また、カナダ人のお医者さん家族からはカナダ名産のメープルシロップを頂いたり、チップまで頂きました。

 

やっぱり、欧米から来た白人のネイティブの人達がスマートで良いお客様でした。

 

インバウンドガイドをして分かったこと

  • 白人系の欧米人はスマートである
  • 苦労してアメリカに移民した中国人は人を信用しない
  • 移民系は大体性格に難がある。
  • アジアから来た人にはまず英語は通じない。
  • ノンネィティブには正しい英語というよりシンプルに伝えるべき。

 

中華系の移民した人たちは、癖が強かったです。

 

まず、私の話を聞きませんし、勝手に行動します。

 

なぜなら、移民で差別やら何やらに遭って苦労してるからですね。

 

世界で苦労しまくってる人たちは簡単に人を信用しないのです。

 

私も中国語を話せますが、苦労人の中華系移民たちとのコミュニケーションには苦労しました。

 

中国語、英語を話せてもですよ。

 

話せても苦労するので、英語以外の何かプラスアルファの技能も必要なんです。

 

英語ガイドをすると、世界中に知り合いは増えますよ。

 

マトメ

自分に自信を持てば英会話は話せるのマトメです。

  • 自分に自信を持つと英会話は話せる。
  • 世の常識は間違っていることが多い。
  • 英語は地球語である。
  • アジア圏のノンネイティブも英語を話している。
  • 間違えても当たり前である。
  • 英会話教室では英語は話せない。
  • 英語の番組でインプットを続ける
  • インバウンドガイドをすると世界中に知り合いができる。
タイトルとURLをコピーしました