コロナウィルス対策をしっかりしよう

【間違って当たり前】失敗する勇気があれば成長も早いと言う事実

世の中成功者は誰よりも失敗の数を重ねています。トライ&エラーを繰り返して成功しているのです。

 

こんにちは。

いっちゃんです。@hi_icchan_jp

 

失敗を怖がる人が多いので、成功するには数多くの失敗を重ねることが一番の近道であるってことを書いていきます。

 

 

失敗することは恥ずかしい世間体があるから失敗できない、何歳だからこれをやって失敗したら後がないとか、何かを成し遂げる前に出来ない理由を考えて諦める人がとても多いように思います。

 

【事実】出来ると思えばチャンスも増えるって本当なの?
【驚くべき事実】自分は出来ると思って努力しているとチャンスを掴みやすくなるのです。

 

これはとてももったいない事です。失敗は成功のもとです。

 

上手くいかない事を恐れるのではなく、失敗したら、次は失敗しないように考えて行動することが一番大切なのです。

 

なぜなら、失敗を重ね続けることで成功が手に入るからです。

 

【実は】あなたの周囲の人は変化を望んでいないという事実

 

他人は身近な人が自分より成功するのが面白くないのです。

 

photo credit: Leaderlab Sustainable Build Build Up 2019 via photopin (license)

 

実際人に新しいことを始めると言うとほぼ9割以上の人あなたには無理だの、あなたの適正を考えろだの年を考えろだの、すべておかしな洗脳で、足を引っ張ってくる人たちがいます

 

親兄弟、友達、近所の人、同僚、周りにいる人、他人などなど。

 

私が感じたことは自分以外の他人は人の成功を望んでいないのです

 

他人からすると自分にとってメリットの無い事は全て否定して潰します。

 

親でも兄弟でも友達でも皆そうです。だから、他人の為に成長を諦めてはいけません。



 

上手くいってない人にだけ優しい人は自分に自信が無いだけである

 

自信が無い人は自分よりうまくいってない人を見て喜びます。

それは、自分よりも上手くいってない人を見て自己の自尊心を満たせるからです。

 

photo credit: SupportPDX CSUN BBQ 97 via photopin (license)

 

他人が病んでいるとやさしく接するが上昇志向をみせると途端に潰しにかかる人がいます。

 

こういう人は自分に自信がないのです。よって、他人の不幸を知ることで

自分よりも下がいると安心したいのです。

 

失敗したら同じ失敗を繰り返さない

 

失敗は成功のもとです。トライ&エラーを繰り返して同じ失敗をしないことで成長していけるのです。

 

photo credit: Prayitno / Thank you for (12 millions +) view MARGARITAS anyone ? via photopin (license)

 

人生に失敗はつきものです。

 

以前、失敗は許しません。という人がいました。

 

 

その人は失敗知らずなのでしょうがやはり、失敗はあったように思います。

 

それを他人にも強いるのは間違っています。失敗しないようにしていると

あらゆることに挑戦できなくなるのではないかと私は思うのです。

 

失敗したら、同じ失敗を繰り返さなければいいのです。

簡単なことです。

 

この考え方によって失敗すればするほど成功して行けるでしょう。

 

他人の言うことにとらわれずに自分の信念を貫きやり通した人だけが成功をつかめるようになっているのです。

 

孤独な時間も必要な理由を『いっちゃん』が説明します。

 

日本人は他人が自分と違うことをしたり、あなたが今のレベルからさらに上の段階に昇って行こうと努力すと途端に足を引っ張ります。

 

あなたの身近にいる他人たちの本音は、自分よりもレベルアップして欲しくないのです。

 

自分の身近な人、もしくは他人よりも成長しようとするならば、いつも一緒にいた人たちとは距離を置く時間も必要です。

 

photo credit: Alexandra E Rust Khaya via photopin (license)

 

何かを学びたい、成し遂げたいと思ったときこれまでの人間関係を維持したままだだと、足を引っ張られたり潰されたり、否定されたり、前に進めないことが多々あります。

 

 

なぜなら、周りの人間はあなたの変化を望んでいないのです。今のままの他人にとって居心地のいいあなたのありのままの姿を望んでいるので

 

時に、孤独になることを恐れて尻込みするのはもったいないです。

 

人ができないことを始めるときはみな孤独です。

 

しかし誰もやっていないことをするという力がこれからの変化の時代を生き抜く力になります。

 

教育現場でも『生きる力』というキーワードを何回も何回も耳にします。

生きる力とは環境の変化に対応し、次々アイディアを生みだしそれを実行する力だと思います。

 



『いっちゃん』が語る失敗のおかげで成長した事実

 

いっちゃんは、失敗した悔しさを反骨精神にして、中国語、英会話、教員免許、プログラミング、登録販売者の資格を取るなど、時間があればスキルアップの為に努力しました。

 

がむしゃらに努力したおかげで、昔の失敗を後悔することなく世の中の動きにアンテナを貼りながら、今も前を向いて成長できています。

 

そこで、失敗を反省し、世の中の動きにアンテナを張り巡らすようになり、今必要な事を実行するスキルがつきました。

 


photo credit: Sociales El Heraldo de Saltillo Fiesta de cumpleaños para cuatro via photopin (license)

 

私が中国語を学んだのは、ある資格を取得するのに失敗したからでした。
もし、勉強だけして資格が取れるなら取れていたと思います。

 

 

ところが、濃い人間関係を強いられ朝から晩まで協調し、悪口を言い合い、

 

お互い潰しあいながら都合の良い人同士でグループを組み、仲間内でのみ情報を共有しなければなりませんでした。

 

お金を払って人脈を作っておかないと蹴落とされるのです。

 

私は協調するのに息が詰まり、距離を置いていたため、良い資料を手に入れられず失敗しました。

 

この悔しさが世の流れにアンテナを張り、今需要のある事に目を見つけて実行する原動力となりました。

 

少し前は中国ブームでしたので中国語を意地でも話せるようになってやると考え、行動する原動力にしました。

 

最初はプライドが許さなかったですが、ペラペラに話せる自分よりもレベルの高い人、つまり、一歩も三歩も自分の先を進んでる人と一緒に学ぶことで自分の能力との差に嫉妬心も抱きましたが追いつこうと、1年間はほぼ一切日本語を話しませんでした。

 

それから、話し相手を毎日変えて話し通したところ、自分の意思を相手に伝えるレベルには達していました。

 

 

そこであることに気が付きました。学校の先生が教えることは、話せないようにする洗脳のように思いました。

 



 

『いっちゃん』が教える学校で学ぶは知識は実用的でなかった事実

 

学校で教わるのは指示を待つ受け身人間になって、ボスの命令を忠実に聞いて動くロボットになるための訓練でした。

 

つまり、今現在起こっている答えの無い問題に対処する能力は身に付きません

 


photo credit: wuestenigel Teacher books and a stand with pencils on the table, on the background of a blackboard with chalk. The concept of the teacher’s day via photopin (license)

 

 

語学学習においては課題をやろうが試験をしようが話す時間が無いと話せるようにはならないんです。

 

それに気が付いてから人の言うことを無視して我が道を進んだら話せるのなんの。『いっちゃん』自信が驚いたくらいです。

 

失敗から学ぶではないですけれど、失敗が多い人ほど成功も多いのだと思います。

 

なぜならチャレンジの数が多いということですから。

 

ネットで買い物するならcolleee

 

 

 

ネット記事で知りましたが、今のアメリカのトランプ大統領も7回破産しているそうです。

 

それでも浮き上がっていますよね。つまり、失敗は成功のもとなんですね。

 

なので私は発想を切り替えて批判されればされるほど、私の能力が上がっていると考えるようになりました。

 

新しい仕事を始めると、仕事の出来ない人に限って私の欠点を探り出し、潰そうとしてくるので、能力のない人に近づくのはもうこりごりです。

 

一度もチャレンジもせず失敗したことが無い人という人のほうが、むしろ危険なのではないでしょうか。

 

 

なぜなら、成長していないから失敗もしていないということですから。

実践で失敗を重ねながら学んでいく事が最強の勉強であると『いっちゃん』は思います。

タイトルとURLをコピーしました