コロナウィルス対策をしっかりしよう

【あなただけじゃない!】『いじめ』に負けないために心掛ける事①

いじめをする人が真っ先にターゲットにするのは自尊心が低く、自信の無い弱い人です。逆に考えると、自尊心を高め、自己肯定感が高まるといじめを回避しやすくなります。

 

こんにちは。

いっちゃんです。@hi_icchan_jp

 

大昔から人は、1人では弱いので、集団で徒党を組み、自分にとって邪魔なもの(例えば、強い肉食動物など)を排除してきました。

 

また、暇つぶしで自尊心の低い人をいじめてきたおかげでグループの結束が高まり繁栄できたのです。

 

『いじめ』が起こる理由をいっちゃん流に説明します。

 

人間は集団生活において、弱い人や都合の悪い人をターゲットにして、仲間外れにすることでチームの結束を高め繁栄して来たのがいじめの歴史だと思います。

 

Icchan
Icchan

いじめの始まりとは?

 

人間が集団で行動し始めたのは狩りをして自分たちの身を守り、協力して農作業をして繁栄するためでした。

 

そういった集団生活において、集団の中において、都合のいい人、悪い人が出て来たりします。

 

 

そして『いじめ』には虐める側と虐められる側の2種類のタイプの人がいます。

 

 

『いじめる側』はいっちゃんの経験上や様々な書籍で書かれていることをまとめると、何らかの不満を抱えていることが多いです。

 

Icchan
Icchan

幸せな人は『いじめ』をしないのです。

 

また、『いじめられる人』は幸せな人や、自己肯定感が低い人が多いように思います。いじめる人にとってターゲットにする人は目障りで邪魔な存在であるか、暇つぶしにできるような虐めてもやり返さない弱い人です。

 

『いじめ』とは、邪魔な存在を集団で排除し、仲間たちのチームワークを高め、かつ、自分を脅かす脅威を潰して安心できるから起こります。

 

また、『脅威』の排除や『暇つぶし』のために、ターゲットにした人を仲間外れにすることで、集団内に共通の目的ができるため、仲間意識が高まり盛り上がるから『いじめ』をするパターンもあります。

 

『いじめ』が無くならないのは、人間が昔から集団で生きることで敵から身を守ったり、邪魔な脅威を排除して生きて来たので、その名残を受け継いでいるからだという説もあります。

 

こういった『いじめ』が起こる理由を知らないで、自分がイケてないから虐められると考える人は、自己肯定感が低い傾向があります。

 

自己肯定感を高めるにはこちら

【新時代の到来】自尊心を高め、自分軸を持つスキル
いっちゃんが発信するスキルアップのための方法や、生き方、デジタル時代の人間関係について情報を発信します。自尊心を高め、環境のコントロールをすることで正解の無い時代を生きる為の知恵や、IT技術の共有をコンセプトにコンテンツを発信しています。
【教育の成果!】インド人は自尊心が高くなるように学んでいる事実
インド流の自尊心の高め方ってこうだったのか!目から鱗の教育方針はこちら!

 

 

また、いじめっ子は自己肯定感が低い人をターゲットにします。なぜなら、虐めてもやり返されないからです。

 

しかし、戦後の日本の教育は自己肯定感を低くさせるものでした。ほとんどの人が自分に自信を持てず、他の人が自分より先に行くのを恐れて足を引っ張るというのが今の日本社会そのものですよね。

 

電話占いはこちら

 

何回も言いますが、幸せな人、満たされている人はいじめをしないし、虐める理由が無いのです。

 

人を虐める人は自分に自信が無いから、もしくは、暇だから、集団で連携して仲間意識が高まり楽しみを作りたいだけの事が多いです。

 

こういった自信の無い人に振り回されるのはバカバカしいので、ターゲットにならないように、人目の無い空間に行かない、自己肯定感を普段から高めておくことをお勧めします。

 

【新時代の到来】自尊心を高め、自分軸を持つスキル
いっちゃんが発信するスキルアップのための方法や、生き方、デジタル時代の人間関係について情報を発信します。自尊心を高め、環境のコントロールをすることで正解の無い時代を生きる為の知恵や、IT技術の共有をコンセプトにコンテンツを発信しています。

 

『いじめ』が学校で起こるワケをいっちゃん流に説明します。

 

『いじめ』が起こりやすい学校という場所は、社会とはあまり関りが無く、第三者である世間の目にさらされにくい閉ざさた場所です。なぜなら、誰も止める人がいないから『いじめ』が起こるのです。

 

Icchan
Icchan

第三者の目が無い場所には注意が必要です。

 

『いじめ』が教師の間で起こっていた事件は最近ニュースで知ってる人が多いはずです。

 

『いじめ』が起こりやすい学校という空間では、教員と生徒は上下関係という立ち位置が決められており、教員同士では、気を遣ったりコミュニケーションをする場面が少なく、師弟関係のような上下関係があるんだと思います。

 

キャリアアップはこちら 

キャリアアップをするならGraspy

 

そのため、『いじめ』の起こりやすい学校では、教員同士では同僚のような横並びの関係ではなく、ライバル関係か、上下関係の二通りしかありません。

 

Icchan
Icchan

先生の世界って縦社会なんだって。

 

『いじめ』が起こりやすい教師同士の関係とは、師弟関係か、ライバル関係になることが多いでのす。なぜなら、いっちゃんは教員免許を取ったので教育実習現場で、先生たちの人間関係を少の間だけ体験したときに実感しました。

 

 

『いじめ』の起こりやすい教育現場では、先生という圧倒的な権力者に対して、生徒は従うしかない弱い立場です。

 

いっちゃんも指導教官に教育実習中、毎日『いじめ』られました。

 

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

 

いっちゃんを『いじめ』た指導教官はいっちゃんの高校時代の英語の先生でしたが指導力が優れている先生ではありません。むしろ、能力の無い指導教官でした。

 

Icchan
Icchan

無能だから有能な人を『いじめ』て潰したいんだよ

 

いっちゃんを『いじめ』た指導教官は時代に合った授業が出来ない上に、退屈で眠く苦痛なものでしたが教育実習生と生徒は有無を言わず絶対服従しか選択肢が無いのです。

 

なぜなら、成績を付けられる立場にあり、指導教官の期限を損なうと、悪い評価を付けられるかもしれません。

 

キャリアアップにはこちら

キャリアアップをするならGraspy

 

先生と生徒しかいない密室では他の大人が見ている訳でもないので、教員が多少おかしかろうが、高圧的だろうが従うしかないという生徒が可哀相です。

 

『いじめ』が起こるのは閉ざされた空間で、意見を言える第三者がいない場所です。『いじめ』に遭ったときはは、以下の事を気を付けて振る舞ってみることをお勧めします。

 

ライブチャットバイト

自宅でも通勤でも高収入が得られるライブチャットの求人【jewelグループ】

 

 

Icchan
Icchan

いじめっ子への対処方法はこちら。

  • 閉鎖空間に行かない。
  • 自己肯定感を高める。
  • 自分の意見をハッキリ主張する。
  • 相手に質問しまくる。
  • いじめてくる人に同意しまくる。
  • いじめてくる人をうんざりさせる。
  • いじめて来る人に同じ事を繰り返して言う。

以上のように振る舞うことで『いじめる側』の調子を狂わせることができます。

 

自己肯定感を高めるにはこちら

【新時代の到来】自尊心を高め、自分軸を持つスキル
いっちゃんが発信するスキルアップのための方法や、生き方、デジタル時代の人間関係について情報を発信します。自尊心を高め、環境のコントロールをすることで正解の無い時代を生きる為の知恵や、IT技術の共有をコンセプトにコンテンツを発信しています。
【教育の成果!】インド人は自尊心が高くなるように学んでいる事実
インド流の自尊心の高め方ってこうだったのか!目から鱗の教育方針はこちら!

 

出会い

安全安心の出会いならラブサーチ[18歳以上]

 

『いじめ』が起こっても自己防衛するしかない事実を解説

 

多くの人はいじめに巻き込まれたくないと思っており、いじめを目撃しても知らぬフリをします。

 

Icchan
Icchan

いじめに遭っても自分で自衛するしかないんだよ。

 

『いじめ』の起こる現場では誰も助けてくれないので、ボイスレコーダーを持ち込んだり、日記を付けたりして証拠を残しておく必要があります。

 

『いじめ』の起こりやすい学校現場において、若い先生は時代に追いつこうと努力しており、かつ能力も高いのに対して年配の教員は、時代に追いつけずかつ、能力が低くても採用された時代に教員になったので厄介です。

 

Icchan
Icchan

先生も変化しなきゃいけないんだよ。

 

『いじめ』の起こりやすい学校現場において、今の時代は生きる力、時代の変化に追いつく、グローバル化に合わせることを教育目標としていますが、時代の変化についていけている教員は少ないです。

 

資格取得はこちら

スマホとパソコンで資格学習

 

『いじめ』の起こりやすい学校現場にいて、年配の教員はテクノロジーの進歩やグローバル化に対応できないため、優秀な若い教員に嫌がらせをして、自分の立場を守っているのです。

 

Icchan
Icchan

全ての職場で『いじめ』が起こってるんだよ。

 

『いじめ』の起こりやすい学校現場において、嫌がらせされていた教員はおそらく、能力が高い、もしくは、他の教員とは違う素質を持っていたのだと思います

 

『いじめ』は誰も見ていないもしくは注意ができる第三者の目が届かない密室で起こることが多いです。

 

『いじめ』を止める人がいたら、最初から問題は起こらないからです。『いじめ』の起こりやすい教員たちの人間関係はお互いをライバル視しており、競争相手なのです。

 

 

『いじめ』の起こりやすい学校では昭和の時代は協調性が大事だと教えていました。しかし、『いじめ』の起こりやすい学校において、先生同士は同調していないように思います。

 

 

『いじめ』が先生同士で起こっていた場合、学校の職員以外ではそのことを知る人は誰もいません。

 

ライブチャット

自宅でも通勤でも高収入が得られるライブチャットの求人【jewelグループ】

 

>『いじめ』が教員間で起こっていても他の教員は関わりたくないので見て見ぬふりをします。

 

『いじめ』が教員間で起こっていても、皆が他人のフリをしつつも、状況は知りたいので、耳をダンボのようにして聞いているだけの人たちが多数います。

 

 

なぜかというと、『いじめ』られている人を助けることによって自分もトラブルに巻き込まれ、足を引っ張られるのを防ぎたいからです。

 

キャリアアップ

キャリアアップをするならGraspy

 

『いじめ』が起こる教員間の人間関係は交友関係が狭く、私立学校であれば数年ごとの移動もないので、できることなら問題を起こさずに仕事をこなして、給料だけもらえればいいと考えているのです。

 

Icchan
Icchan

みんな自分が大事なんだ。

 

『いじめ』が教員間で起こるような現場は、生徒のことを考えている教師があまりいません。

 

『いじめ』があるのを見ぬフリをして、ただ自分の日課をこなし、給料がもらえればそれでいいからです。

 

資格取得にはこちら

スマホとパソコンで資格学習

 

『いじめ』の起こる現場では、昔みたいな正義感溢れた人はおらず、自分のトラブルは自己で解決しなければ誰も助けてくれないのです。

 

『いじめ』の起こる現場では自衛のためにボイスレコーダーや日記を自ら付け、

何かあった時に録音した音声を証拠として警察などに公開して身を守らなくてはならないのです。

 



『 いじめ』が多種多様な職場で起る理由

 

『いじめ』が起こるのは、景気後退やAIの出現によるデジタル化で、仕事を失う恐怖から逃れる為に、足を引っ張り、パワハラ、いじめをして弱い自分を守っているからです。

 

Icchan
Icchan

『いじめ』問題は大人も悩んでるよ。

 

『いじめ』、パワハラ、足の引っ張り合いになったのは景気悪化をたどっており、デジタル化の波が押し寄せて自分の仕事が無くなるのを恐怖しているからです。

景気悪化となったのは皆さんもご存知の通り、以下の事が起こっているからです。

 

  • リーマンショック。
  • 東日本大震災の影響。
  • コロナウィルスの影響。
  • AIによる機械化。

 

以上のことから景気悪化でリストラを恐れて職場でのパワハラ、『いじめ』、足の引っ張り合いが増えているのです。

 

 

『いじめ』が様々な職場で起こっている理由は、多くの人がデジタライゼーション(機械化)に伴い、仕事が自動化される危機に怯えているからです。

 

『いじめ』が増えている原因には仕事が無くなる恐怖があるからです。一番先に仕事が無くなるとよく言われるのが小売業です。

 

 

レジ業務などはGUやすき家などはほぼ自動化されており、店員の仕事はGUにおいては商品整理、返品作業、自動レジの使い方といった仕事にシフトしています。

 

すき家では支払いはお客側が自分で機械に入れてやりとりします。

 

キャリアアップにはこちら

キャリアアップをするならGraspy

 

『いじめ』をする人は目に見える形でオートメーション化が進んでいるので、要らない人員になるのを防ぎ、自分の仕事を守るために新人に仕事を教えない、粗を探して蹴落とすなどして自分を守ってしまうのです。

 

いっちゃんは多くの職場で『いじめ』やパワハラが起こり、パワハラ防止法まで作られると言うニュースも見ました。

 

パワハラを防止法

ハラスメント防止法が成立  2019年5月29日、参議院本会議で「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律案」が可決され、同法が成立しました(施行時期は、早ければ大企業が2020年4月、中小企業が2022年4月と報じられています)。 Yahooニュース

 

電話占い

【電話占いステラコール】あのステラ薫子厳選の本物の占い師のみが在籍!3,000円分無料キャンペーン実施中!

 

『いじめ』が職場で増えている為パワハラ防止法までできるわけですから、自分の身は自分で守る用意もしなければならないんです。

 

また、『いじめ』が起こりやすいのは日本の島国独特の出る杭は打つ的な思考も関係して嫌がらせが起きているのかもしれません。

 

資格取得はこちら

スマホとパソコンで資格学習

 

『いじめ』られないために皆と同じにして安心していると、全員が職を失うかもしれません。

 

『いじめ』を避ける為に、他人と同じだということが危険だということに危機感を持たなくてはいません。

 

『いじめ』を恐れずに、自分軸を持つべきなのに、頭を使って考える事については、誰も教えてはくれません。変化の時代、グローバル化、ということが強調され、生きる力を持たない人は大変な人生を送ることになるかもしれません。

 

 

いっちゃんはロスジェネと言われる就職氷河期世代ですので、結果的に見たら

周りの世代より不利な仕事環境を送って来ました。

 

そのせいか、『いじめ』を避け、他人よりも自分の能力を高めることにストイックです。

 

資格取得ならこちら

スマホとパソコンで資格学習

 

いっちゃんは『いじめ』を恐れていないし、協調もしないです。孤高で頑張っています。成功者は孤高だと言いますけれど、

 

『いじめ』を恐れずに一度一人になって何かに熱中してみると、今までの人間関係変わり、一段階上の人たちと関わるチャンスも生まれます。

 

『いじめ』を恐れず自分で考えて生きるということは常に学び続けなければならないという事です。

 

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

 

自分軸を持ち自分で考えて生きるという事は孤独とも戦わなくてはなりませんが、何かのコミュニティに属し、例えばスポーツサークルなど。適度な距離をもてる仲間がいれば人生の質は格段にアップします。

 

『いじめ』に遭わないためにも他人に協調せず、自分軸を持ち、学び続ける姿勢が大切です。

 

『いじめ』を避けるには、レベルの低い人とは付き合わない。

 

レベルの低い人は自分よりレベルの高い人が許せません。だから、いつもあの手この手で引きずり下ろそうと企んでいます。

 

Icchan
Icchan

自分のレベルよりも低い人と接点を持っちゃダメ。

 

『いじめ』が起こるのは、自分より優れた他人を引きずり下ろしたい場合が多いです。

 

キャリアアップにはこちら

キャリアアップをするならGraspy

 

よって、『いじめ』を回避するには、自分の能力よりも劣った職場や友人を選ばない事が大切です。

 

『いじめ』が起こりやすい職場環境は、第三者の目が行き届かない閉鎖空間が多いです。

 

 

また、『いじめ』をしてくるお局さんがいるような様々な企業には、仕事をしてるフリをして新人に仕事を押し付ける働いてない中年の方が非常に多かったです。

 

『いじめ』が起こりやすい働かない中年の多い年功序列の企業はもう終わってると感じました。外資系企業はは違うのかもしれませんが仕事をする気もなければ、新人に嫌な仕事を押し付けて年配者は楽をしている会社には未来は無いはずです。

 

 

『いじめ』が起こりやすく、IT化にも非対応、外国語を使う機会のない職場はもう将来が無いかもしれません。

 

たとえば、ある職場での事です。先輩女性が新人の私の年齢を職場の人に聞かされていたんです。その先輩のほうが2歳若かったんですね。

 

するとその女性は、『私のほうが若い!』と言いました。たった2歳の年齢差。いっちゃんからすると大して変わらないと思いました。

 

 

それに、世の中を見渡して,自分と全く同じ状況の人はいないのです。

 

比べる発想も良く分からないのですが、おそらくいっちゃんが2歳年上であることに安心感を覚え、自己肯定感を高めているのだと思われます。

 

ライブチャットバイト

自宅でも通勤でも高収入が得られるライブチャットの求人【jewelグループ】

 

『いじめ』をする人が自分より立場の低い人を側において安心したいという考え方は、あまり意味がないと感じます。

 

なぜなら、年功序列は崩壊していますし、能力主義にシフトしつつある今の世の中、『いじめ』をする暇があったら、情報を用いて、自分の能力を高める努力をするべきです。

 

資格取得はこちら

スマホとパソコンで資格学習

 

いっちゃんは生物学的に年齢がどうのこうのと比べる人は『いじめ』のつもりは無くても、レベルの低い人の言い分だと主張してるブログを読んだことがあります。



子供の有無、結婚の有無もそうですけど、どの職場でも聞かれるハラスメントもしくは『いじめ』ですよね。

 

このような人は何も打ち込んでることが無いので、他人を『いじめ』て自分の人生での恐れを回避しようとしています。

 

世の中の常識がものすごい速さで変わっている中、何をすれば良いのかはその人の置かれれているステージや環境によって変化します。

 

資格取得ならこちら

スマホとパソコンで資格学習

 

皆が同じ価値観であった時代と同じ考えで『いじめ』をして安心している人はこれからの変化に対応するのも一苦労かもしれないです。

 

『いじめ』ではなく、頭を使って自分のレベルを上げ、付き合う人間関係を変えることでこの時代を頑張れる環境を自分で作る人が成功していくようになるはずです。

タイトルとURLをコピーしました