いっちゃんのラジオやってます(Anchor.fm)

【知らない人必見】動物にも心があるって知ってますか?

動物にも心がある
動物にも心がある。

今日は動物にも感情があるっというコンテンツを書きます。

 

こんにちは。

いっちゃんです。(@hi_icchan_jp)

 

昔の哲学者で、動物は感情を持たないと言った人がいますが、彼らは感情を持っています。

 

動物にも感情がある

動物は感情を持ち、嬉しいときは喜び、怖いときは怯えます。

 

動物も人と同様に感情を持ちます。

その証拠に、楽しいときは喜び、怖いときは怖がり、怒る時は吠えます。

 

動物は感情を持っています。

 

いっちゃん
いっちゃん

『いっちゃん』は動物が好きです。

 

いっちゃんの子供のころの夢は漠然と獣医になりたいと言っていましたから。

 


photo credit: FotoFloridian The eyes have it via photopin (license)


 

でも、そのために勉強を頑張ったことはなかったです。

 

動物は言葉を話しませんが、ボディランゲージで人がしないようなコミュニケーションをして、私たちを癒してくれます。

 

日子本では動物の福祉(アニマルウィルフェア)が充実しているとは言えません。

 

だから、飼い主に捨てられた猫、犬は保健所で殺処分されています。

 

また、動物虐待の問題も起きています。

 

いっちゃんは人間の都合で動物を虐待することや、動物実験などに反対です。

 

動物は人と同じように感情を持ってます。

 

動物はむしろ、人よりも暖かい心を持っています。

 

いっちゃんは人の都合で動物を振り回してはいけないと考えています。

動物は環境のバロメーター

動物は安全な場所を示す環境のバロメーターです。

 

なぜなら、動物がいる場所は外敵のいない安全な場所だと判断できるからです。

 

また、動物と触れ合うと、無意識的に気分が落ち着くのです。

 

動物は環境のバロメーターである。

photo credit: TFNnaranjo Perro trabajador (Lisboa) via photopin (license)

 

動物は人にとって最愛のパートナーです。家で犬、猫を飼っている人は多いでしょう。

 

近年人間と動物との絆(ヒューマンボンド)といわれる言葉が広く取り入れられるようになりました。

 

いっちゃん
いっちゃん

『いっちゃん』は飼い犬との絆が出来ていると思います。

 

ヒューマンボンドの考え方によって動物を受け渡し保護対象にするのではなく動物と人間との関係そのものに焦点をあてようとする人たちが増えています。

 

昔は西洋において、自然は人間が支配して、利用するものでした。動物も利用するために存在していました。

 

今では考えられないですし、このように考えている人は多くないでしょう。だって、人間は神ではありませんから。

 

私たちも動物の一種なのです。ヒトという種類の動物です。

動物と人間はパートナーシップを結びながら生きています。このように動物は人間との共生で制限された環境で生きています。

 

人は動物と暮らすことで癒され、安らぎをもらっています。人は動物たちに感謝して、最低限の生活はさせてあげなくてはいけないと思います。

 

動物の5つの自由について

動物にも法律で決められた5つの自由があります。

 

具体的には食・住・環境に関することです。

 

動物の自由
photo credit: cseeman 97/366/4114 (September 16, 2019) – Fox Squirrels in Ann Arbor at the University of Michigan – September 16th, 2019 via photopin (license)

 

実験動物は実験をされるために生かされています。

 

動物園の動物は檻に入れられています。

 

飼い犬は紐に繋がれ、散歩の時だけ外を歩かせてもらっています。

 

(アメリカとかオーストリアとか土地の余っている国はこの限りではないと思います)

 

このように人は動物の自由を制限しています。

 

じつは、動物たちの為に以下の決まりがあります。

 

動物の5つの自由

    1. 飢え・渇きからの自由、
    2. 不快からの自由、
    3. 恐怖・抑圧からの自由、
    4. 自由な行動をとる自由、
    5. 痛み、外傷や病気からの自由

 

などの5つの自由が法律によって定められています。

 

このことを知ってる人は少ないのではないでしょうか。

 

私も動物関係の勉強をする前は全くの無知でした。

 

また、哲学的な話は苦手ないっちゃんですが少しだけ書きます。

 

古代ギリシアの哲学者の言葉

  • ただ生きているだけでは生きる意味が無い
  • より良く生きる事を示すことが道徳

 

上記の事を古代ギリシアの哲学者は言いました。

 

私も長い事、生きる目標がありませんでした。

 

保育園、小学校、中学校、高校時代は定期試験という拷問によって評価される生活だったからです。

 

思い返せば、本当に奴隷のような、自分の楽しみが一つもない状態でした。

 

なぜなら、同調というのは、私にとっては苦行だったからです。

 

小学校時代は集団登校という同調、中学校では班活動、どれも私は向いていませんでした。

 

自分の目標を決めることができるようになったのは大学卒業する前後でしょうか。

 

POINT動物の5つの自由

  • 飢え・渇きからの自由/不快からの自由
  • 恐怖・抑圧からの自由/自由な行動をとる自由
  • 痛み・外傷や病気からの自由

以上のように動物には5つの自由が法律で定められているのです。

 

動物が癒しをもたらす理由

動物と触れ合うと、血圧が下がったり、リラックスする効果があります。

 

なぜなら、動物は無意識的に人をいやしてくれているのです。

 

動物は人を癒してくれている。
photo credit: cseeman 115/366/4132 (October 4, 2019) – Juvenile and Adult Fox Squirrels in Ann Arbor at the University of Michigan – October 4th, 2019 via photopin (license)

 

ご存知ですか?

 

最近では動物は人間の健康に大きな影響を与えているらしいのです。

 

彼らは人を優しい気持ちにさせてくれます。

 

驚くべきことに、動物と一緒にいると人の呼吸数、血圧、心拍が安定するという報告が医学会からされているらしいです。

 

繰り返しますがは動物は環境のバロメーターなのです。

 

昔、アフリカとかサバンナとかの広い土地で、草食動物や小動物などがくつろいでいる場所は、安全を意味していました。

 

つまり、ライオンやトラなどの捕食動物がいないという事を示しているのです。

 

なので、人間は小鳥の声や、大人しい草食動物の群れが休憩している光景を見て、その土地の環境が安定していると判断したのです。

 

小動物などが休憩しているような光景が血圧を下げ、癒されると感じるメカニズムだと考えられています。

 

要するに、リラックスできる環境にいる動物と関わると、人も心が安定し、血圧が下がる=癒されると感じるようです。

 

ただ、注意したいのが私たちが癒されると感じるのは環境が安定しており、動物の精神状態が安定している状態である時のみです。

 

もし動物が不安を感じていたり、恐怖や苦痛を感じていたならば、人もマイナスの感情を受け取ってしまいます。

 

動物となかよくできることは本当に素晴らしいですね。

 

POINT:動物のいる場所は環境のバロメーターである。
 

動物と子供の関係

動物と子供が触れ合うと非言語コミュニケーションを身に付ける事ができるのです。

 

子供は感受性が強いので言葉を使わなくてもコミュニケーションができるという事を動物から教わるのです。

 

動物と子供photo credit: mikie t transcendental meditation via photopin (license)

 

小さな子供のいるご家庭には動物の役割はとても大きいです。

 

共働き世帯の増加やマンション住まいで動物を飼うことができないご家庭が増加ました。

 

だから、家庭において動物と触れ合う体験ができない子供が増えています。

 

動物と触れ合っている子供はコミュニケーション能力が高くなるらしいのです。

 

動物たちは言葉を話さないでコミュニケーションをします。

 

なので、彼らと遊ぶことによて、非言語コミュニケーション能力が高くなるのです。

 

たとえば、身振り、手振り、姿勢、表情などで意思を伝えるのです。

 

動物は言葉を持たないので、言葉以外の動作で会話をしているのです。

 

子供たちはこういった動物たちのやり取りをすることで動物のコミュニケーション方法を学ばせてもらうのです。

 

驚くことに、動物からコミュニケーションを学んだ子供たちは人間関係に対しても言葉を超えた理解力を習得するらしいです。

 

動物がいると、彼らを通して子供が学ぶことが出来るのは以下の事です。

 

動物と遊ぶことによって、子供は、人同士のコミュニケーションのしかたを学べる

 

つまり、子供たちに動物たちと関わる機会を与えてあげる事で、結果として、人間性豊かになる手助けをすることになるのです。

 

動物の避妊手術は可哀相である

動物の避妊手術は飼い主の都合によって更年期障害にしている場合が多いのです。

 

ご存じない方も多いとは思いますが、避妊手術とは、動物を更年期障害にさせているのと同じです。

 

動物の避妊手術についてphoto credit: Merlijn Hoek Muffin, our cute cat via photopin (license)

 

私は以前はペットの避妊手術はペットを幸せにするものだと信じていました。

 

望まない妊娠でたくさんの子犬が生まれることは動物を不幸にすることだと信じていたからです。

 

ですけど、いっちゃんは医療事務を長い間していました。

 

だから、産婦人科において、何らかの病気で卵巣を取った人が、若いのにホルモンが出ないため更年期障害に悩まされているのを見てしまいました。

 

これ、動物にも同じようなことが起こっているって、確信したんです。

私は女性なので、ストレスでホルモンのバランスが崩れると、ものすごく精神的に不安定になります。

 

不安感が寝起きから押し寄せて来たり、寝る前にひたすらネガティブ思考になります。

 

上記のように不調にいつも振り回されたので、ホルモンバランスは非常に大切だと身に染みています。

 

動物にとっても生きている以上※QOL(Quality Of Life)は大切だと思います。

 

いっちゃん
いっちゃん

※QOL=生活の質

 

いっちゃんが言いたいのは、動物の生殖機能を人工的に断ってしまうのは、更年期になることを動物に強制しているのです。

 

飼い主さんの都合で不必要な繁殖を阻止するための去勢・避妊手術を施した結果、動物を更年期症状で苦しませています。

 

避妊手術は精神的に動物をアンバランスにしてることを多くの人に知ってほしいです。

 

おそらく皆さん知らないのではありませんか?

 

避妊手術をして、望まない妊娠をしなくなると同時に動物の体調もおかしくなるんです。

 

また、人間でも行われているパイプカットは動物にもできるそうです。

 

パイプカットは睾丸を取らないため、男性ホルモンは今までどおり分泌されます。

 

ただし、更年期にはならないが、性衝動も無くならないのです。(精液の中に精子が入っていない状態にしているだけだから。)

 

※パイプカット=精管をしばることにより睾丸から精子が精液の中に送り出されるのを防ぐ男性が受ける避妊手術

 

ところが、オスの性衝動を抑えたいために去勢をする飼い主さんの方が多いようです。

 

手術をしたら大人しくなるとか、飼いやすくなるとか言われているのは更年期症状で朦朧としているからです。

 

そのことを知ってからは避妊手術については考えさせられます。

 

いっちゃんの犬はオスで去勢手術もしていません。

 

気軽に不妊手術している飼い主さんは動物のメンタルヘルスにも関心をもって頂けたらと思います。

 

POINT避妊・去勢手術はペットを更年期にさせている。

 

タイトルとURLをコピーしました