英会話が出来ると視野が広がる

 

 

英語は難しい。って思ってる方、英語を話すだけなら簡単です。

昔、ワクワクして英語を習いだしたのに今では大嫌いになってる人も多い

のではないでしょうか。

 


photo credit: RS2Photography Laughing in Artown via photopin (license)


 

話すためには話す

photo credit: pedrosimoes7 Talking via photopin (license)

 

筆者的には学校の英語は全く使えなかったです。

学校で習う英語は話せなくするための拷問なのかもしれません。

 

だって

 

普段から英語を話している人でないと
文法なんか学んでも、元々話せないんだから余計

 

混乱しますよ。絶対。
文法を習うのは文章を書く為です。

 

書き言葉と話し言葉はは違うんです。
日本語でもそうでしょ??

 

そこで、まず、
話せるようになるのが最優先で
書き言葉は後回しにするべきです。

 

単語を覚えるように言う人も本質が見えてないと思います。

 

英語はコミュニケーション

photo credit: Markkus 63 Défilé rétro via photopin (license)

 

言葉はコミュニケーションです。私たちも普段日本語を話しています。
普段の何気ない会話で文法を考えて話していますか?

 

これが主語でこれが述語で目的語はここだ
と考えながら話す人はいないと思います。

 

考えなくても日本語の会話は出て来ますよね?

 

なので、英語も同じです。
赤ん坊と同じように

 

分からなくても真似して、
身振り素振りで真似をして

 

身に着けるのです。
大人になったら英語ができない
とか言われているのは

 

全て嘘で、洗脳です。
たとえば、ハロー
は誰でも言えますよね?

 

考えようによってはハローだけでも
英語を話せています。

 

知ってる英語だけを使いながら、分からなくても話す。
身振り手振り、ジェスチャーでコミュニケーションを取ると

 

相手の方からどういう風に言うのか推測して教えてくれたりするものです。

 

英会話教室では話せない。

photo credit: Shane Global Language Centres Upper Intermediate Class via photopin (license)

 

実のところ私は英会話、教室に行って
愕然としました。

 

当たり前ですけど先生一人に対して
生徒が複数、お互い下手くそな英語で話すので

 

ストレスが溜まるんです。
だって英会話学校に来るのは

 

ド下手か、話し相手の欲しい、帰国子女とか
両極端なレベルの人ばかりで

 

まず、自分のレベルに合う人はいないです。
生活スタイルの違う人の話を聞くことは

 

ストレスになったりもするんです。
先生を独占するペラペラの人がいたり、
いろいろですが、

 

こういったところに行く時点でもう英語を話すことは無理に近くなってます。

 

だってネイティブとコミュニケーションを取れる機会が圧倒的に少ない。
先生の取り合いになっていてはいつまでたっても上達しません。

 

そこで、筆者はボランティアのインバウンドガイドを始めました。
英会話はそこでの実践で身に着けました。

 

インバウンドガイドで実践する。

 

筆者は自分の英会話力を上げるためにインバウンドガイドを始めました。

 

始めた当初は、
大体TOEIC565点位でしたけれど、

実践を積んでないので、話そうにも言葉が出てこなかったんです。
練習量が圧倒的に足りないので。

 

また、前置詞が苦手で、

人に前置詞が無いから分かりにくいと

 

指摘されたので、一から絵で学べる本を買って
例文を作って理解しました。

 

 

ほかには、

ネットで英語で観光地の説明をしてるサイトを調べて、
メモ書きに丸写しをしました。
観光地ではそれを棒読みするだけでした。

 

6回位同じところをガイドしたら、
もう全て覚えてしまってました。

 

繰り返し同じことを言い続けたので、
頭の中にインプットされたのと同時にアウトプットもできた
みたいです。

 

また、リスニングがダメな人は
ご自身の発音が悪いからです。

 

英語の発音が悪いと諦めてる人、
いつになってもリスニングが伸びないです。
私も最初は無理だと思いました。

 

なぜなら、
何回真似してもできなかったからです。

 

そこで、発音を治すために
本を買い、腹式呼吸をして、

 

息を吐きながら発音し、有気音
を一か月くらい練習しまくったら

 

ある時突然出来るようになりました。
最初は自分でも音が似てないのが分かってたんですが、

 

いくら努力しても同じ音にならず、
日本人には無理だ。とさえ思いました。

 

しかし、根気よく、

 

下記の様な単語のTの有気音のアクセントを徹底的に練習するのと,

 

anticipate, terminal, twitter

 

シャドウイングを続けてボイスレコーダーに録音して
自分の弱い点を克服しました。

 

意外とTの有気音のアクセントをマスターして、
独特のリズムに合わせる訓練をすると、

 

それらしく聞こえてくるものです。

 

英語の動画を見まくる

photo credit: classic_film Jets on NYC Street Playground, West Side Story (1961) via photopin (license)

 

 

私はリスニング力向上の為、

毎日Rokuで英語の番組を飽きるほど見まくりました。

 

継続して見ることを習慣化することで
アメリカの発音には慣れました。

 

このために使ったのは、

 

ストリーミングプレーヤのRokuです。

(アメリカの番組を見れる機械ですが、地域コードの規制で、見れないものもあるので
ご自身の判断でご購入下さい。)

Rokuを使ってテックニュースのTWITT(ツイット)Netfrix, Fox news, その他、クッキング動画や
子供向けの動画を視聴してました。

無料で見れる番組もあるので検討してみてもいいかもです。

 

 

世界中に友達ができた

photo credit: ER’s Eyes. Terremoto, Barros Restaurant, San Pedro de Atacama at 2,407 m (7,900 ft), the Atacama Desert, Antofagasta, Chile. via photopin (license)

 

ガイドを始めた私の最初のお客さんはシカゴから来たカップルです。

お互い緊張しているので、話がギクシャクしましたが

 

作って来たメモ書きを読み上げることが出来、向こうにも通じたので良しとします。

また、お好み焼きはあまり、好まれませんでした。

 

2組目のお客さんはニューヨークから来た家族。

アメリカは広いので家族と言ってもサンフランシスコに住んでいる息子

 

とニューヨークに住んでる両親

、その弟が来ました。 良いゲストだと、

現地のお土産を買ってきてくれたりします。

 

彼らとの交流を通して、世界観が広がり、知らないことなどを教えてもらったり、

遊びに来てねと言われたり、楽しい事だらけです。

 

カナダ人のお医者さん家族からはカナダ名産のメープルシロップを頂いたり、

何故かチップまで頂きました。

 

筆者的には欧米から来たネイティブの方がありがたいお客様です。

なぜなら、アメリカやカナダから旅行に来ても、移民した中国系の方たちも多く、

 

人の事を信用しないので、やり取りが大変なためです。

まず、英語が下手なので、お互い通じないです。

 

ノンネイティブ同士が話すとお互いの国の癖とでも言いましょうか。

1回目ではまず通じないです。

 

こういったことから、知らない国の人とコミュニケーションするには

英語+ジェスチャー、コミュニケーション力が必要になります。

 

これらのスキルを駆使して、世界中の知り合いが増えていくのは

とても楽しく、嬉しい事ですし、

狭くて、ネチネチしている日本の人と交流するよりずっと

プラスになると思います。

本日もご拝読ありがとうございました。

このサイトのフォロー
error