今日はアニマルセラピーについての記事を書きます。日本じゃ、、まだ聞きなれないこの言葉、知っていますか?動物って、言葉を話せませんけど、ボディランゲージで感情を表してくれますよね。犬だったら尻尾を振り振りすり寄ってきたり、猫も近くによって来たりしてコミュニケーションを取ってくれます。

これを『非言語コミュニケーションと言います。』

ところで、最近ゲームのし過ぎで人とコミュニケーションが取れない人が増えていますよね?ですけど、、言葉は下手でも、ボディーランゲージ力を磨くと動物と同じように愛されることができるかもしれません。私は犬を飼っています。犬は笑わないと聞きましたが、笑うと思います。口を開けているだけの時と、明らかに目で笑って表情を作っていますから。下の写真は私の飼い犬トラくんです。かわいいけれど自分が気に入らないと家の中でおしっこします。

必ず—–><” 。

 

 

普段は外で飼っているのですけど、マーキングでしょうか。必ずおしっこされるので困っています。

 

海外の病院や、日本のごく少数の病院ではセラピー犬がいるそうです。小児科とか、入院している子供を定期的に訪問するお仕事をしているのです。子供たちはセラピー犬がやってくるのを心待ちにしているそうです。人との触れ合い以外に動物は私たちに癒しと温かさを与えてくれるのです。

ある高齢者福祉施設で保健所や動物愛護センターから保護された保護犬を迎え入れたところ、ご高齢の方のアイドルになったそうです。動物のいる環境って、安全のバロメーターなんですね。動物がすんでいるからここは安全だとほかの動物や人はその場所の安全性を動物がいることによって判断していたのです。なので動物を飼っている家庭は安全?もしくは安定した家庭だと判断することができるかもしれません。

心が疲れた~、人間関係がしんどい、マウンティングしあうのもウンザリとか思っている方は動物と触れ合ってみて下さいね。緑の森に行くのもリラックス効果があって良いですよ^^

ご拝読ありがとうございました。

 

 

 

 

このサイトのフォロー
error